島根県 空き家 解体

島根県の空き家の解体料金をクラッソーネで一括見積り

島根県の住宅総数は31万戸あり、この中の空き家の数は4万8千戸ほどあります。空き家率で言うと15%ほどになっていて全国平均を上回る数字となっています。

 

島根県の市区町村で言うと大田市が空き家率25%を超えてトップで、その後に隠岐郡隠岐の島町、江津市、益田市、浜田市、松江市と続いています。

 

こういった島根県にある空き家を所有していたり、将来的に相続などで所有する可能性のある方は、空き家の解体というの一つの選択肢として考えておかなければいけません。

 

とりあえず島根県で自分が管理している空き家の解体がどれくらいの金額なのか?というのが全く想像がつかないと思いますので、クラッソーネという解体業者の一括見積サイトを使って見積もり比較してみるといいでしょう。

 

クラッソーネ

 

クラッソーネは島根県の優良企業のみが参加していますので、クラッソーネを利用することにより悪徳業者に引っかかるという心配はありません。

 

また、数社の優良企業から見積もりを取ることで、どこの解体業者が一番安くしてくれるのか?というのが一目で分かりますからね。

 

ですので、空き家や倉庫・ブロック塀などの解体を考えている方は、まずはこのクラッソーネで見積もりを取ってどれくらいの金額なのかというのを見てみるといいでしょう。

 

 

島根県で空き家を解体する前に助成金や補助金を確認

空き家の解体には結構お金がかかるのですが、補助金や助成金が受けられる可能性もあるので確認しておくといいでしょう。

 

島根県の空き家解体での補助金や助成金は以下のようになっています。細かいことに関しては各地方自治体に問い合わせて確認するようにしてください。解体工事に関しての補助金や助成金ですので、空き家での定住者支援等は省いています。

 

注意:情報が間違っている可能性もありますので、必ず市町村に問い合わせるようにしてください。

島根県の市町村別補助金・助成金情報

松江市 ●中古木造住宅改修及び除却支援事業補助金交付制度

近年増加傾向にある空き家の流通・活用の促進、定住人口の増加、住み替えニーズへの対応のため、全市域を対象として、中古木造住宅の改修及び建て替えを支援しています。

 

【問い合わせ先】
歴史まちづくり部 建築指導課
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話番号:0852-55-5342
詳細ページ:http://www1.city.matsue.shimane.jp/sumai/sumai/jutakukanren_shienseido/chukoshutokushien.html

浜田市 ●特定空家等除却促進事業

浜田市空家等対策の推進に関する条例の制定に伴い、危険な状態にある特定空家等の所有者に対し、危険な状態を解消するための支援を行います。

 

【問い合わせ先】
浜田市 都市建設部 建築住宅課
電話番号:0855-25-9632
詳細ページ:https://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1487894620978/index.html

出雲市 補助金・助成金なし
益田市 補助金・助成金なし
大田市 ●不良空家等除却事業補助金

市では、居住環境及び安全性の向上を図り安全安心なまちづくりを推進するため、不良度が一定の基準を超えかつ、敷地周辺に及ぼす危険性が著しいと認められた不良空家の除却費用の一部を助成します。

 

【問い合わせ先】
建設部 建築営繕課 営繕第2係
〒694-0064 島根県大田市大田町大田ロ1111番地
電話番号:0854-83-8104
詳細ページ:https://www.city.oda.lg.jp/ohda_city/city_organization/22/06062/1690

安来市 ●老朽危険建築物等除却助成事業

居住環境及び安全性の向上を図り安全安心なまちづくりを推進するため、老朽化による倒壊等危険性のある不良住宅や空き家の除却費用の一部を助成します。

 

【問い合わせ先】
安来市役所(伯太庁舎1階)建設部建築住宅課建築指導係
〒692-8686 島根県安来市安来町878-2
電話番号:0854-23-3325
詳細ページ:https://www.city.yasugi.shimane.jp/kurashi/sumai/shien-seido/rokyu-jokyo.html

江津市 補助金・助成金なし
雲南市 ●雲南市危険空き家除却事業補助金

老朽化により倒壊のおそれのある空き家の除却を促進することにより、災害発生時における人的被害の発生を防止し、避難路、輸送路等の確保により、市民の生命、身体および財産を保護することを目的として、危険空き家の解体費用の一部を補助する制度です。

 

【問い合わせ先】
建設部 空き家対策室
〒699-1392 島根県雲南市木次町里方521-1
電話番号:0854-40-1066
詳細ページ:https://www.city.unnan.shimane.jp/unnan/kurashi/sumai/kenchiku/jokyakuhojo.html

奥出雲町 補助金・助成金なし
飯南町 補助金・助成金なし
川本町 補助金・助成金なし
美郷町 補助金・助成金なし
邑南町 ●邑南町跡地活用のための空き家解体支援事業補助金

 

【問い合わせ先】
地域みらい課
〒696-0192 島根県邑智郡邑南町矢上6000番地
電話番号:0855-95-1117
詳細ページ:https://www.town.ohnan.lg.jp/www/contents/1001000000509/index.html

津和野町 補助金・助成金なし
吉賀町 補助金・助成金なし
海士町 補助金・助成金なし
西ノ島町 補助金・助成金なし
知夫村 補助金・助成金なし
隠岐の島町 ●隠岐の島町危険空き家除却事業

危険な空き家の除却を行う場合に、その除却に要する費用の一部を助成します。

 

【問い合わせ先】
隠岐の島町役場 建設課 管理住宅係
〒685-8585 島根県隠岐郡隠岐の島町下西78番地2
電話番号:08512-2-8564
詳細ページ:https://www.town.okinoshima.shimane.jp/www/contents/1001000000168/index.html

 

島根県の解体業者一覧

株式会社山興

株式会社山興は豊富な経験と優れた技術を生かし、安全・静粛・迅速な解体工事をしてくれます。
高い基本性能を備えた1.6?クラス解体専用セパレートタイプ重機、最大開口幅1.6m圧砕機他23mクラス超ロングブーム等解体専用機及び各種アタッチメントを取り揃え、パワフル且つスピーディーに対応していますよ。

 

【住所】島根県出雲市塩冶有原町5丁目44番地
【電話番号】0853-25-7688

 

株式会社丸共

株式会社丸共は、奥出雲町を中心に島根県東部全域で解体工事を行っています。年間100件を超えるほどの実績があります。
また、解体から収集運搬・産廃処分まで全てを自社内で行うので、余計な中間マージンがかからず、ローコストにて工事をすることができていますよ。

 

【住所】島根県仁多郡奥出雲町馬馳97-2
【電話番号】0854-54-1701

 

三浦商事有限会社

三浦商事有限会社は島根県の浜田氏、江津市、益田市を対応エリアとしている解体業者です。
廃棄物の処理は細かく分別し、それぞれの処分方法で適正に処分してくれていますよ。

 

【住所】島根県浜田市熱田町600-1
【電話番号】0855-27-0905

 

合同会社石橋建設

石橋建設は出雲市と松江市を対応エリアとしている解体業者です。
スタッフが若く若い力で早く・丁寧に仕事をしてくれて安く解体してくれますよ。

 

【住所】島根県出雲市松寄下町1051-1
【電話番号】0853-27-9331

 

株式会社明和工業

株式会社明和工業は着工前に向いや隣の方、迷惑のかかりそうな家には必ずあいさつ回りをしてくれるので安心して依頼することができます。
また、解体工事は解体するだけでなく、その後の土地利用を考えて整地してくれますおy。

 

【住所】島根県出雲市浜町1142番地
【電話番号】09087136934

 

K・Y・S株式会社

K・Y・S株式会社は依頼を受けてから工事開始、完工までなるべく早く迅速に対応してくれます。なので、待つ時間ができる限り短縮することができますよ。
解体工事をするには、その構造に合った適切な解体方法・処分方法があり、K・Y・S株式会社ではあらゆる建物の解体工事に多くの実績がありますよ。

 

【住所】島根県松江市東出雲町揖屋375番1
【電話番号】0852-67-2233

 

株式会社ウィルオン

株式会社ウィルオンは、作業を丁寧に行うように徹底しているので、仕上がりの整地がきれいということで評判の高い会社です。
宅地建物取引士を取得している社員もいますので、解体以外の事でもいろいろと相談することができますよ。

 

【住所】島根県松江市朝日町460-16
【電話番号】0852-65-0025

島根県での解体工事・空き家の悩み体験談

自分たちが高齢になった今、島根県にある自宅の処分をどうすればいいか悩む

夫婦二人きりで子供もおらずに親類も他界し、高齢になった今、島根県にある自宅の処分をどうするのかは避けて通れない問題になってきています。

 

同様のケースが今後増えていく事と予測されるので、在住の自治体でそれぞれ対応し始めているところも多いと聞きます。

 

良くある話では、自治体に相談して管理を依頼する場合や民間の管理委託をビジネスにしているところへお願いするなど、以前は地方よりも都会での空き家対策としての話でしたが、徐々に、地方でも考えられるようになってきたようです。

 

身寄りも頼りもない高齢者夫婦にとっては、都合よく対処できる方法は今のところありません。

 

どちらかが先に逝ってしまい残された一人がどれだけのことが出来るかと言えば、恐らくろくに何もできないでしょう。結局は、最後は孤独死のような状態で周囲が処分に困窮するような空き家問題となることが懸念されるだけです。

 

元気なうちに何らかの処分方法を決めて第三者にその旨を理解してもらい、法的にもトラブルとならない様に可能な限り他人様に迷惑とならないよう努めなければと悩んでいます。

 

幸か不幸か、今住んでいるところの役所では、かなり、空き家対策に力を入れ始めているようなので、まずは、相談をしてみようと思っています。

 

そう、簡単に糸口が見つかるとは思っていませんが、自分たちにとっては非常に大きな心配の種なので、取り組んでみようと思います。

 

かと言って、あんまり深刻に考えてしまうと暗い気持ちにしかならないので、出来るだけ前向きに考えてみようと思います。

 

空き家となってただただ朽ち果ててしまうよりは、どなたかの何らかの役に立つことがあるのであれば、それはそれで良いことだとも思います。

 

今後、日本全体として大きくのしかかってくる超高齢化社会の問題の一つとして国が早く対策を講じてもらいたいのですが、それを待つより、まずは自分たちのできるところから少しずつ取り組んでいきたいと考えています。

page top